大分県日田市は、北部九州のほぼ中央、大分県の西部に位置し、福岡県と熊本県に隣接した地域です。周囲を阿蘇、くじゅう山系や英彦山系の美しい山々に囲まれ、これらの山系から流れ出る豊富な水が日田盆地で合流し、筑後・佐賀平野を貫流しています。

 

日田市の森林面積は 5 万 5,039ha で、市域全体の83%(人工林=75%)また、総森林面積の 96%が民有林で、その多くがスギ・ヒノキであり、全体の72%を占めています。


日田市は、スギ・ヒノキを中心とする人工林資源を基盤に、森林組合や民間事業体の活発な 林業生産活動、原木市場の強力な集荷力と仕分け選別機能に支えられて製材工場の専門化が進んできました。

 

昭和40年代には、林業地日田が形作られ、全国三大林業地になるまでとなりました。今でも、日田市の町全体が『一つの大型製材工場』と言えるほど、多種多様な製品を製造し供給しております。

そんな日田市に、令和元年 株式会社マルエイは、日田市大肥町に新工場を設立致しました。新工場は、深い緑の山々に囲まれ、清流・大肥川が流れ、この清らかな環境で製品を生産しております。

 



株式会社マルエイで働くスタッフは、明るく元気な人たちに恵まれています。穏やかで静かな周辺環境のせいもあってか、みんな笑顔がたえません。

また、スタッフ一人ひとりが確かな腕を持つ職人ですので、製造・検品など高品質を保つ厳しい目をもっています。


我々の製品をお求めいただくお客さまにとって、使いやすい製品になるように、スタッフ一人ひとりが、現場での役割と責任を持った行動に努めています。


株式会社マルエイで製材してる製品づくりは、素材選びから始まってます。社長自身の目で見た原木(丸太)の中から、基準にあうものを選びます。そして、製品のバラツキを抑えるために、均一化の工夫や厳しい最終選別など行っております。

弊社向けにカスタマイズした、『TOPSPEC24EX』は、多様な加工に対応できる特別仕様の万能モルダーです。
弊社向けにカスタマイズした、『TOPSPEC24EX』は、多様な加工に対応できる特別仕様の万能モルダーです。

株式会社マルエイ事務所
社 名 株式会社 マルエイ
代表者 代表取締役社長 江藤 隆二
住 所 〒877-1107
大分県日田市大字大肥2791-1
連絡先 TEL:0973-28-2923
FAX:0973-28-2924
メール maru-a-27@sky.plala.or.jp

株式会社マルエイへのお問い合わせはこちら
株式会社マルエイ社長ブログ
株式会社マルエイInstagram

株式会社マルエイートップページ
株式会社マルエイー会社紹介
株式会社マルエイー会社概要

株式会社マルエイー製品紹介

〒877-1107大分県日田市大字大肥2791-1

TEL:0973-28-2923

FAX:0973-28-2924

Mail:maru-a-27@sky.plala.or.jp